×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バイオジェルのデザイン・リペアのやり方

まずカルジェルとバイオジェルの違いを紹介しましょう。カルジェルとバイオジェルは良く似ているジェルネイルなのですが、違いはバイオジェルの場合、トップコートを塗るホームメンテナンスが不要だということです。またバイオジェルはカルジェルよりも強度があるため、爪の長さを長くすることができます。更にバイオジェルはカルジェルと比べて黄ばみにくいのでオフやアートが簡単にできます。次にバイオジェルのデザインのやり方ですが、まずクレンジングジェルで手指の油分を除去します。そして乾いたら爪の表面をベース液で薄く塗布します。次にネイルクレンザーで爪の表面のホコリやゴミを除去します。次にクリアジェルを爪表面にポリッシュを塗る要領で塗布します。次にバイオジェル専用のUVライトで2分間照射させて定着させます。次にツヤ出しのためにシーラージェルを爪表面に塗布します。再びバイオジェル専用のUVライトで1分間程度照射し、ネイルに塗ったジェルを定着させます。その後、バイオポリッシュリムーバでベトつきを除去します。最後にバイオキューティクルオイル、またはコンディショナーなどを塗布して完了です。カルジェルと違いバイオジェルはやり方、後述するリムーバーでのオフのやり方が簡単でデザインが綺麗に出来るのでおすすめです。ちなみに紹介した材料は、バイオジェルのスターターキットなどを購入すると付いてくる基本的なものです。

バイオジェルのスターターキットとは?

バイオジェルのスターターキットは、楽天などの通販ショップで激安で購入することができます。特にバイオジェルが初めての方は、デザインややり方が学べる講習が動画DVDになっているセットをおすすめします。またバイオジェルをネイルサロンでアートしなくても、自宅にいながら自分でできる、必要最低限のバイオジェルの材料がセットになったキットを購入すると良いでしょう。前述した様にカルジェルと違いバイオジェルは、トップコートを塗るためのホームメンテナンスが不要だということ、デザインやリムーバーでの落とし方が簡単だということが挙げられます。また爪の長さもお好みで長くすることが可能で、柔軟性があって定着に優れているジェルネイルとして非常に人気です。ただし、本格的なデザインやバイオジェルをしたい場合はネイルサロンでアートしてもらうのが一番でしょう。またはネイルサロンが主催しているジェルネイルスクールで講習を受けるのも方法でしょう。

バイオジェルの落とし方〜オフ・リムーバーのやり方〜

バイオジェルのオフ、落とし方は、楽天などの通販ショップで販売しているバイオジェル専用のリムーバーキットを使えば簡単にオフすることができます。ジェルネイルのリムーバーのセットには、「ジェルリムーバー」と、バイオジェルをネイルから綺麗に剥すことができる「スティック」、その後オフした後のアフターケアをする「ファイル」の3点セットが基本のリムーバーキットになります。またこのセットで十分オフすることができます。またバイオジェルはリペア(手入れ)を2、3週間周期でする必要があります。自爪が伸びてくることによって、根元部分のバイオジェルが浮いてくるからです。その浮きを除去し自爪が伸びた隙間もバイオジェルをセットしてあげるワケです。バイオジェルをオフして一からやり直すのはネイルに負担がかかるので、リペアすることをおすすめします。またバイオジェルのリペアのやり方も専用のスターターキットなどにセットになっていますので、詳細はそちらに譲ります。

Copyright © 2007 バイオジェル・カルジェルのデザイン&オフのやり方